見て、こんなに大きくて真直ぐ伸びた杉の木…。
太陽の光をいっぱい浴びてこんな立派な大木に育ったんだよ。

でも、ここまで育つには いろんな手間がかかってるんだ!
苗木を育て、植林する。下草を刈り、枝打ちを繰り返し、
さらに「間伐」といって密集した立木を間引きする。
つまり元気な木を育てるために良い環境と充分な栄養を与えてあげるんだ。
この大切な作業を「間伐」と言い、ぼくらは間伐材とも呼ばれているよ。

このことは、ひいては地球環境を守ることになるし、
利用すればリサイクルということなんだ。
最近は、循環型社会への意識が高まって、ぼくの出番が多くなっているよ。




マルボウくんの施工例を見る